2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●森田療法体験記●

1 :癒されたい名無しさん:04/11/25 07:57:25 ID:FSX9G1O/
これから対人恐怖症を治します。
アドバイスください。

2 :癒されたい名無しさん:04/11/25 09:52:47 ID:h5dQDzLg
悟りの極意

恐れを無くしたくば、恐れることを成せ!

熱さに耐えたくば、更なる熱き所へ赴け!

人が怖ければ、人がいっぱい居るところへ行け!

 以上

3 :森田原人:04/11/25 15:41:53 ID:BpnQF2o8
経験者だ。
>>1は入院するのか?

4 :癒されたい名無しさん:04/11/25 21:33:21 ID:rXPyHle1
>>3
入院しません。

5 :森田原人:04/11/25 22:54:50 ID:BpnQF2o8
では通院森田?

6 :癒されたい名無しさん:04/11/25 23:22:21 ID:rXPyHle1
ハイ

7 :癒されたい名無しさん:04/11/27 21:06:26 ID:1fL+UXIV
やっぱり引きこもりは甘えだよ


8 :森田原人:04/11/28 09:03:44 ID:u14Z2MyS
>>7
引き篭もる理由もわからず勝手なこという人は困るね。
精神科に通っていることを知りながら、わざわざ呼び出して説教する糞馬鹿がいる。
俺は会社の先輩にやられたよ。素人の説教で治るものなら、精神科医なんかこの世にいねーんだ。

9 :癒されたい名無しさん:04/11/29 00:16:26 ID:Al/PQmX6
>>1さん
おいらも仕事のストレスから「対人恐怖症」「視線恐怖症」になって、森田療法の本に出会って毎日それを読み直して実践しようとしたけど、
それでも耐えられなくて森田療法をやってる、という心療内科をここから探して行ったよ。
  http://www.mental-health.org/

ただ、そこの先生いわく「心療内科、精神科(今は科名変わったかな)の学生は必ず一度は森田読まされる。」といった程度で、
その先生からもただ何事か「自分が感じる不快は誰にでもある、つらくても耐える、慣れるしかない、森田もそう書いてあるでしょ。」と言うだけで、結局薬を処方されただけだったよ。

薬の効く効かないはモノによっても人によってもさまざまで、結局半年1年と(その間仕事もやめてヒッキーしたり色々あった)してやっと効く薬、に出会った、という程度だった。

薬は飛躍的に効いた、飲んでる間は視線恐怖も対人恐怖もなくなって、仕事でお客様とあったり、転職の面接やその他でも
「コミュニケーション能力がすばらしい」とまで言われるほどだった。

医者はロクすっぽカウンセリングもしてくれないけど薬もらう為だけに毎月通院してる。
(ちなみに今飲んでるのは「レキソタン」と「ドグマチール(こっちはいらないかも)」ね。ググれば色々情報出てるよ。)
薬に頼るのがいいとは言えないけど、薬に頼らず森田やるならちゃんとした医者(せめて話は聞いてくれるとこ)行った方がいいよ(がじょく療法とかしてくれるところいいね)。
長文スマソ!君の検討を祈る!

10 :癒されたい名無しさん:04/11/29 00:43:14 ID:q4QwEORw
俺は本何冊か読んで、けっこう身についた。
で、集談会いって、3年くらいヒポコンドリーで悩んでたけど、それは解消されたよ。



11 :9:04/11/29 01:20:16 ID:Al/PQmX6
>>10さん
集談会は結構いいんだね。やっぱ、経験者とかの言葉を聴いてなんぼかな。
対話やカウンセリングで治せれば(森田流に言うと、治るとかじゃなくて、普通だって事が分かるだけ、なんだろうね)一番いいと思うね。やっぱ。

うちのまわりそういうのなかったから、今も薬漬け。なんか、結婚とか怖いよ、子供とかに薬の悪い効果出ないかどうかとか。
でも、独りで生きる分にはもうこれでいいや、って感じ。

とりあえず、「xx恐怖症」にかかっちゃう人って、元は結構「気を使う善人(+気を使いすぎる人)」が多いってことだし、
1さんにはどんな手を使ってでも社会復帰(別にドロップアウトしてるわけじゃないか)してほしいね。

12 :癒されたい名無しさん:04/11/29 14:51:25 ID:DOl0dTQZ
一時、勉強しだしたけど、またやめました。
もう疲れた。
森田療法しています。


13 :10:04/11/29 23:07:19 ID:ZSDnP53z
>>11
自分のいってた集談会は、会社の社長とか、40代無職のひととか、職業、年齢層においてかなり雑多な人たちがいました。
で、それぞれの人たちが、自分の環境で、どう神経症と折り合ってるかを話して、
客観的に見れるというところが利点でした。

たまに、集談会に宗教っぽさを感じる、とかいう人がいるが、そういう人は、なんか逆に期待しすぎなんだと思う。

あそこは治してもらうところじゃなくて、自分ではわかりにくい(神経症は主観の病気)「症状」を、
同じような症状を持つ人たちと対話する事によって「客観視」して、日常に影響させないようにもっていく場だから、
あくまで「治す」のは自分。
アルコール依存症の自助グループとまったくニュアンスは変わらないと思う。

どうしても人と交わるのが恐いって人は、本を読むだけでもいいとおもうが、みんな同じ苦しみをもっているので、
症状について話せる場があるっていうのは貴重だと思う。


5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)