2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 4 □

412 :おさかなくわえた名無しさん:04/05/27 14:04 ID:6/Un50B6
小学3年くらいの時だったと思います。当時、隣の市にある音楽教室にバスで
通っていました。あるとき、帰りに乗るバスを間違えてしまい、途中で気づいた
時はもう知らない場所。どうしようどうしようとパニックになっていると、
様子がおかしいと思ったのか、高校生くらいのお姉さんが話しかけてきて
くれました。乗り間違えたことを話すと、私の住所と通ってる学校、本来
降りる停留所を聞いて、「それなら、もっと先で降りて(道案内の説明)して
行けば、小学校の方に行けるよ。そこまで行けば道わかるよね?」
しかし、所持金は本来の運賃+10円(電話代)しかなく、お姉さんの言った
停留所まで行ったら、いくらかかるかわからない。(整理券を取って乗り、
降りる時にそこまでの運賃を払うシステム)そしたらお姉さんは百円玉を
握らせてくれた。遠慮していると、「いいよいいよ。」更に向かいの席に
座っていたおばあさんも、「これ使いなよ」と50円玉をくれた。ありがたくて
嬉しくて、自分が情けなくて、何度何度もお礼を言いながらバスから降り、
べそをかきながら暗くなり始めた道をとぼとぼと歩き始めた。しばらく歩いて
いると、農作業をしていたおじさんが「どうしたんだ?この辺の子じゃないな」
と声をかけてきてくれた。バスを乗り間違えてしまい、とりあえず小学校を
目指していると言うと、「乗って行け」と、軽トラックを出してくれた。
小学校まで送ってもらい、お礼を言って分かれた。なんとか家に帰り、親に
報告すると、何で乗り間違えるの!気づいたらすぐに降りなさい!知らない
人の車に乗るなんて!相手の連絡先を聞いておきなさい!お礼が出来ない
でしょ!とか色々たっぷり説教されました。ホントにアホだよなー自分。
農家のおじさんには、その後父と一緒に菓子折りを持ってお礼にいきましたが
(野菜をもらってしまって返って恐縮)、お姉さんとおばあさんにはその後
会えず終い。
親切に助けてくださった皆さん、本当にありがとうございました。
十年以上たった今も、よい思い出です。

305 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)