2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

□ いい人・やさしい人のお話 4 □

561 :おさかなくわえた名無しさん:04/06/10 23:20 ID:isyI9jJo
大学卒業して、就職決まらなくて半年位引きこもってから、
一念発起して期間限定のバイトを始めた。
私は第二期の募集で、ただ一人入って、残りの子たちは
もう1ケ月前から働いていて、自分より若い学生ばかりだった
ので、すごい引け目を感じて、自信もなくて3日目にしてもう
くじけそうになっていた。
4日目の朝、経理で店長の奥さんが朝礼の時に、いきなり
仕事の仕方が大幅に変わるという話を始めた。
奥さんは第二期の募集を必要なく思っていたらしく、後で
聞けば私の事をよく思っていなかったらしい。
私は勿論ちんぷんかんぷんで、でも奥さんは
「みんなもかなりなれて来た所だから、もうこれ位はすぐに
理解してくれると思います。では解散!」みたいな感じで
ミーティングを終わらせてしまった。
心臓ばくばくで、もう次に何をしたらいいのかもわからない
状態でそれでも自分の席に戻ろうとしたら、バイトの中では
リーダー格の男の子が隣に来て、
「今の意味わかった?」
と聞いて来た。
私は思いきり首をふって、全くわからないと答えると、
「俺もわかんなかった。もう一回聞こう」
と言って、奥さんに「すいません!今の、も一回説明してください」
と言ってくれた。
他の人たちも、やっぱりちょっとその説明だけじゃ不足だったらしく、
彼の言葉を機にみんな再集合して、奥さんがもう一度説明してくれた。
多分、その男の子が奥さんに言ってくれなかったら、私はその日で
バイトをやめていたと思う。
その出来事をきっかけに、周りの子たちともうち解けて、無事バイトも
期間終了まで勤めて、その後、就職先も決まって働き続けています。

305 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)